HARG療法、グロースファクター再生療法がびまん性脱毛症の治療に選ばれる理由とは?

育毛剤を使ってホームケアをしてみたけれど、なかなか効果が実感できないという声も多いです。HARG療法やグロースファクター再生療法が、びまん性脱毛症の治療に選ばれる理由についてご紹介します。

 

何をやっても効果が無かった方が最後にHARG療法を選ぶ理由とは!?

 

HARG療法は、幹細胞から抽出した150種類以上もの成長因子を含んだタンパクAAPEを頭皮に直接、注入する方法です。幹細胞とは、人間のあらゆる細胞の元のことです。脂肪の中にあって新しい血管や新しい脂肪、毛髪のもとになる細胞に変化することができます。幹細胞を頭皮に直接、注入することで、休眠してしまっていた毛包幹細胞が活性化されて成長因子が分泌します。

 

そして毛包細胞を刺激することで、発毛が促されます。ヘアサイクルを正常に戻す、画期的な治療方法です。今まで投薬治療や塗り薬などで効果が無かった方も、初めて発毛を体感した方も多いです。HARG療法が選ばれているのは、何をやっても駄目だった方も効果がでているケースが多いからです。

 

本気で薄毛の対策をしたいという方が、選んでいる治療方法です。効果が期待できない育毛剤を何年使い続けてお金や時間を無駄にするよりも、最新医療で発毛を実感したい方が多く選んでいるのです。

 

グロースファクター再生療法が女性の薄毛治療に選ばれる理由

 

グロースファクター再生療法もHARG療法と同様に、成長因子を注入する方法です。注入する方法や成長因子の種類が異なるため、各クリニックによって呼び方が異なるようです。それぞれのクリニックが、効果が高い成長因子を研究して配合しているため、同じようですが異なる技術です。

 

毛髪の形成に必要な成分生成を助けるKGF(ケラチン細胞増殖因子)があります。HGF-1(幹細胞増殖因子)は、休眠期の毛包を成長期へと誘導します。毛母細胞の分裂を促すIGF(インスリン様成長因子)や、血流を促進させて栄養を届けるVEGF(血管内皮細胞増殖因子)などもあります。

 

金額に応じて使う成長因子の種類を選ぶことも可能です。HARG療法と同様に、塗り薬や外用薬で効果が出ない方も、こちらの治療では高い効果が得られる場合もあります。何をやっても成果が出ない方にも、薄毛が改善する可能性が高いことから、多くの方の治療に選ばれています。

 

薄毛治療はじっくりやらないと効果が無いというのが、ある意味常識です。しかしHARG療法やグロースファクター再生療法は、3カ月や半年でも大きな効果が出る場合もある画期的な方法なので選ばれています。

びまん性脱毛症病院