出産後に女性の抜け毛が増えるのは嘘!?

産後の主婦

出産後の薄毛や抜け毛の原因は、ほとんどが女性ホルモンの乱れによるものです。妊娠中や出産後には、女性ホルモンの働きが大きく変化することは良く知られていますが、その影響は、髪の毛にも現れます。

 

女性の髪の毛は、女性ホルモンと密接な関係にあると言われますが、出産後も例外ではありません。

 

産後の抜け毛は一時的な現象

 

個人差はありますが、出産後3ヶ月前後から抜け毛が気になり始める女性が多いようです。

 

中にはお風呂の排水口が真っ黒になって詰まるほどの抜け毛や、ブラッシングのたびに大量の抜け毛があるという人もいて、かなりのショックを受けることも容易に想像できます。

 

ただ、出産後の抜け毛は、ほとんどの人にとって一時的なものであり、気にしないようにしていれば、半年から1年くらいの間には、元に戻ります。

 

そのまま抜け毛が進むのでは?と不安になるかもしれませんが、不安やストレスはよけいに抜け毛を増やしてしまいますので、できるだけ大らかな気持ちで、髪の毛が通常の状態に落ち着くまで、待ってみて下さい。

 

出産後に薄毛や抜け毛が増えるのは、主にエストロゲンとプロゲステロンの影響です。妊娠中はプロゲステロンが優位になり、出産後にはエストロゲンが急激に増加します。そのためにホルモンバランスが狂い、毛周期にも乱れが出ます。

 

妊娠中にはプロゲステロンの影響で、髪の毛が増えたり、体毛が濃くなる人もいますが、出産後にはその髪の毛が一気に抜けてしまうために、抜け毛が増えたと感じる場合もあるようです。また、ホルモンバランスの乱れに身体がついていけずに、薄毛の状態になることもあります。

 

出産後は、生活がそれまでとは一変してしまうために、大きなストレスとなったり、授乳や夜泣きのためにいつも睡眠不足であるなど、お母さんの身体には大きな負担がかかっています。

 

さらに出産によって骨盤が歪み、エストロゲンの生成に影響したり、血流が悪くなったりすることもあります。身体が産後のダメージから回復するにつれ、抜け毛や薄毛も改善することがほとんどですので、できるだけ負担を減らし、身体をいたわってあげて下さい。

びまん性脱毛症病院