紫外線と脱毛症の因果関係

紫外線

女性の脱毛症の原因は様々ですが、紫外線によって髪の毛が老化して抜けることも考えられています。

 

しかし女性の脱毛症の大半はストレスや過度のダイエットなどによるものとされており、紫外線との関連性はないように思えます。

 

ではその紫外線に脱毛症を治療する方法が見出されているとなればどうでしょうか、知りたくないでしょうか。

 

PUVA療法って一体何?

 

今薄毛や脱毛症専門の医療機関で取り入れられている方法が紫外線を使ったPUVA療法と言う治療法です。

 

この治療法で効果が得られるのは治る見込みの少ない脱毛症なのですが、あらかじめ紫外線を受けやすくする薬を塗り、紫外線に当てると自己免疫への影響を生み出し、脱毛症、アトピー性皮膚炎、リンパ腫などに効果があるといわれている副作用のない治療法です。

 

PUVA療法の詳細について知っておきたいこと

 

PUVAというのはソラレンという紫外線の影響を与えやすくする薬の頭文字のP(PSORALEN)に、波長が長い紫外線であるUVAを組み合わせた言葉です。

 

普段日焼けの原因となったりする紫外線ですからあまりいい影響を与えないと思われますが、照準を自己免疫だけにすることで脱毛症に効果をもたらすのです。

 

紫外線による副作用を懸念する方もいますが、PUVA療法では副作用の報告もなく、安心して受けることができるのです。

 

PUVA療法を受けられる治療クリニック

 

ではどこでPUVA療法を受けられるのかというと、皮膚科や美容皮膚科、美容外科になります。美容外科では脱毛症に対応している医師がいることが前提となりますが、東京や横浜をはじめ、北海道から沖縄までPUVA療法を行えるクリニックはたくさんあります。

 

クリニックによってはエキシマライト光線療法などと呼ばれることもありますが、PUVA療法と変わりありませんので、口コミサイトなどを参考に近くの病院を訪ねてみるといいでしょう。

 

なおPUVAを受けた後はしばらく紫外線を避ける必要がありますが、医師の指導の下生活を送れば特に問題はありません。クリニックによってはPUVA療法よりもエキシマライト光線療法のほうが効果が高いと言いますので、後はあなたがどのような治療を望むかによって選んでみてください。

びまん性脱毛症病院