びまん性脱毛症の専門クリニックでの治療【治療法、治療費、メリット・デメリットetc】

現代女性の多くが悩んでいるびまん性脱毛症を治療する際には、どんな治療法があるのでしょうか。また治療費の金額や、治療するメリット・デメリットについてもご紹介します。

 

専門クリニックのびまん性脱毛症の治療方法

 

実際のびまん性脱毛症は、通院する専門クリニックの治療方針によって異なります。ミノキシジルを使った外用薬や、内服薬パントガールを併せて使う場合もあります。パントガールという薬は、男性ならプロペシアで女性ならパントガールと言われるほど、女性の薄毛に有名なお薬です。

 

さらに女性の薄毛に適した発毛成長因子を使った、そのクリニック独自の治療法が採用されている場合もあるんです。発毛を促すだけではなく、植毛をして根本的に生えている髪の毛を増やす方法もあります。

 

HARG(ハーグ)療法という、注目の毛髪再生医療を扱っているクリニックも存在します。またメソセラピーという、レーザーを照射する毛髪再生の医療もあります。

 

専門クリニックでの治療費はどれくらい?

 

びまん性脱毛症の治療は、自由診療で保険適用されません。ですから一般的な病気で保険診療をするよりは、治療費は高い傾向にあります。最近は初回無料のカウンセリングなどが多く、初診代と検査代のみがかかります。一例ですが、初診料が3千円〜5千円に、血液検査が1回につき5千円〜1万円くらいかかります。

 

2回目は、内服薬や外用薬に1カ月当たり、5千円〜3万円かかります。またメソセラピーを受ける場合、1本につき1万5千円〜3万円程度必要です。つまり初診に8千円〜1万5千円、2回目以降は3万円程度の治療費になります。

 

治療する場合のメリットは?

 

医療機関を受診する場合、びまん性脱毛症であれば専門クリニックがベストです。保険適用が専門の皮膚科などでは、女性の薄毛に関する十分な医療体制が整っていません。専門クリニックなら専門的な知識を持つ医師が診療してくれて、薬やマシンも専用のものが用意されています。

 

市販されている育毛剤などを考えても、最も効果の得やすい技術を受けることができると言えます。深刻に悩んでいる場合などには、最も成果を得やすい治療法がベストです。専門医が頭皮の状態をチェックしてくれるのも、大きなメリットです。最初の治療で効果が出なければ、別の治療という感じで効果の出やすい治療法を探すことも可能です。

 

治療する場合のデメリットもある?

 

やはり治療費が高めであるということが、デメリットに感じる方が多いようです。治療法により異なりますが、毎月3万円〜多ければ10万円程度の支出が予想されます。もちろん料金に納得した上で、自分で決めることになるのでカウンセリングだけ受けてみるのもよいでしょう。

 

薄毛治療は保険適用されないので、多くの方がクレジットカードの分割払いや、金利の負担が少ない医療ローンを利用しています。ずっと悩み続けて時間を無駄にするのは、もったいないと思いませんか。行動して結果を出して、その分の対価を払うと考えれば納得できる金額かも知れませんね。

 

クリニックは自由診療なので費用は高いですが、その場しのぎの方法ではなく、最先端の医療技術で治療することができます。女性の薄毛で専門クリニックを受診する人は、年々増えていますから、悩んでいないで行動してみてはいかがでしょうか。

びまん性脱毛症病院