カプサイシンで女性薄毛を改善・血行促進効果に注目しよう

一時期は、カプサイシンのダイエット効果がクローズアップされ、マイ唐辛子を持ち歩く女性が急増しましたね。

 

もともと薬味は健康効果があると言われていますが、カプサイシンには女性薄毛の改善にも効果が期待できるのです。

 

カプサイシンの血行促進効果と薄毛

 

カプサイシンは唐辛子に含まれる辛味成分ですが、わさびや辛子の辛味とは違う物質です。一度でも青唐辛子をまるごと食べたことがある方なら分かると思いますが、カプサイシンには強力な血行促進効果があります。

 

キムチ

 

カプサイシンの辛味が脳に伝達されると、その刺激によって血行が促進されるのです。この血行促進効果は絶大で、唐辛子を大量に摂取すると、一気に体温が上昇して大量の汗をかくほどです。

 

血行不良は女性の薄毛の原因の一つですから、カプサイシンが持つ血行促進効果は薄毛の改善につながる効果が期待できると言えるでしょう。一説では、刺激物は薄毛を引き起こすと言われています。

 

しかし、メキシコや韓国など唐辛子の消費量が多い国の薄毛率は、世界の中でもかなり下のランクになります。

 

つまり唐辛子をたくさん摂取することと、薄毛の発症には因果関係がないので安心してください。

 

カプサイシンには発毛効果がある?

 

実は、カプサイシンの研究において、発毛効果が期待できるという説があるのです。某大学病院のマウスを使った研究では、カプサイシンを皮下注射したところ、マウスの背中の毛が成長したという結果が出ています。

 

別の大学の研究グループでは、カプサイシンとイソフラボンを摂取することで、IGF-1の分泌量を増やせる可能性があるという説が発表されました。IGF-1はインスリン様成長因子というもので、分泌量が多くなると発毛を促す効果が期待できます。

 

どちらもまだ公的に認められていることではありません

 

しかし、大学でカプサイシンの発毛効果に関する研究が行われているのは事実です。もちろんカプサイシンを毎日摂取したからといって、確実に女性薄毛を改善できるとは言えません。

 

ですがこういった研究結果もありますし、血行促進効果があるのは事実ですから、薄毛改善の対策として取り入れるのは有効と言えるでしょう。

 

ただしいくらカプサイシンの効果が期待できるとしても、過剰摂取は体に良くありません。今よりも血行の流れをよくする、ぐらいの取り入れ方でも十分ですから、適切な量を毎日摂取するのがベストです。

びまん性脱毛症病院