頭皮の乾燥・脂性の判断とケアの違い

頭皮の状態は一つではなく、普通肌以外にも乾燥、脂性の2種類があります。この頭皮の状態がどれに当てはまるかによってケア方法も変わってきますし、抜け毛対策もできるようになりますので、まずはあなたの頭皮の状態を判断しましょう。

 

頭皮のチェック方法について

 

頭皮の状態が正常であればいいのですが、抜け毛が多いなどという場合は脂性か乾燥どちらかにあてはまることが多いです。では自分の頭皮はどちらに当てはまるのかというと、簡単なチェック方法ですぐに分かります。

 

チェック方法で準備したいものはあぶら取り紙で、まずお風呂に入り、髪の毛を洗い、80%程度乾かします。あぶら取り紙を額の生え際とつむじの2箇所に当て、そのまま乾かし、あぶら取り紙の状態を見たときに、30分で脂がつけば脂性、1時間程度で脂が付けば正常、2時間以上脂が付かない場合は乾燥ということになります。

 

他にも行きつけの美容室で見てもらったり、化粧品売り場で額の水分量を測ってもらう、カメラで頭皮を撮影するなどと言った方法があります。

 

乾燥頭皮のケア方法では何が大事?

 

乾燥頭皮の場合、ほとんどの原因がシャンプー方法を間違っているので、シャンプーの見直しからしてみましょう。洗浄力が強いシャンプーを使っている方は天然保湿因子や細胞間脂質を一緒に洗い流してしまっている可能性があります

 

また洗うときに爪を立てている方は頭皮を傷つけバリア機能を低下させているかもしれません。ですからシャンプーはアミノ酸系シャンプーを選び、指の腹を使って泡で汚れを落とすようにしましょう。最後にローションなどで頭皮を保湿すれば、頭皮を乾燥から守ることができます。

 

脂性頭皮のケア方法とは?

 

あなたの頭皮が脂性であれば、ケア方法は皮脂の分泌を抑える方法と正しいシャンプーが大切になります。脂性の原因としては食生活、頭皮の血行不良、頭皮ケアが十分ではないと言うことですから、まずシャンプーは指の腹を使って優しく頭皮をマッサージするように洗うといいでしょう。

 

またシャンプーですが、洗浄力の高い合成界面活性剤が入ったシャンプーや毛穴を詰まらせるシリコン入りのシャンプーを避けるようにしてください。後は熱いお湯を避ける、脂っこい食事を避けることで脂性頭皮のケアができます。

びまん性脱毛症病院