漢方を使った女性の育毛対策

女性にとって髪の毛のトラブルは精神的にも大きなダメージとなりますから、どうにか育毛対策をしていきたいものです。育毛対策にはいろいろな方法があるのですが、その中で注目されているのが漢方を使った方法です。

 

なぜ漢方が育毛に効果的なのか?

 

漢方が育毛に効果をもたらす理由は自然の生薬が人体にもたらす働きによって、血行促進作用や育毛効果を増進してくれるからです。

 

さらに漢方は副作用がありませんので、一般的な治療薬として処方された薬よりも安心して飲むことができるというメリットがあります。また東洋医学では髪の毛は血の余りと表現されており、もしも髪の毛に異常があれば血液にも異常があると考えられているのです。

 

女性の抜け毛には血行促進がよい

 

東洋医学では女性の育毛には血行を良くし、地肌に栄養を運ぶことで髪の毛の質自体改善できる婦宝当帰膠、オリヂンPや女貞子・早蓮草、また海馬補腎丸がいいとされています。

 

中でも30〜40代の女性は髪質が変わりやすい時期ですから、漢方で頭皮の血行を改善することは育毛効果をアップすると言われているのです。

 

皮脂の分泌が多い人向けの漢方とは?

 

薄毛の原因として皮脂の分泌が多いということも考えられますが、この場合は食生活や生活習慣を改善することが第一です。

 

漢方では白花蛇舌草や五行草、板藍根などが有効とされており、体の中に溜まった邪気を払う効果があるとされています。皮脂の分泌によって薄くなった髪の毛を育毛するには漢方を用いながら食生活の改善、ストレスの解消が何よりも大切になります。

 

また老化による薄毛もありますから、その場合の育毛対策としては女貞子や早蓮草、至宝三鞭丸に海馬補腎丸、オリヂンPがいいとされています。これらはすべて体の中から若返りを図ることができる漢方とされており、特にオリヂンPは今注目の若返り成分プラセンタのことです。

 

漢方を育毛に取り入れる上で大切なことは漢方薬を飲み続けることです。苦くて飲みづらいと言う場合はオブラートを使うなど飲み方を工夫して、効果が現れるまで飲み続けるようにしましょう。

びまん性脱毛症病院