女性薄毛の改善を期待するならイソフラボンが良いの?

女性ホルモンととてもよく似た構造を持つイソフラボンは、髪の毛の成長をサポートする成分として注目されています。

 

大豆食品や豆乳などに含まれるイソフラボンは、本当に女性薄毛の改善に効果を発揮してくれるのでしょうか。

 

女性ホルモンと髪の毛の関係

 

女性ホルモンのエストロゲンは、コラーゲンやヒアルロン酸の分泌を促したり、代謝を高めて脂肪の分解を促進するなどの働きがあると言われています。そのため分泌バランスが崩れると、肌トラブルが起こったり太りやすくなったりします。

 

また、エストロゲンは髪の毛の成長をサポートしたり、成長期を維持する働きも持っています。つまりエストロゲンが正常に分泌されていれば、薄毛になることはないのです。

 

ですが女性ホルモンは、加齢とともに減少していきます。

 

そして加齢だけではなく、食生活の乱れやストレス、睡眠不足などによって自律神経が乱れることでも減少します。自律神経はホルモンの分泌をコントロールしています。

 

そのため、まだ女性ホルモンが減少する年齢じゃない方でも、分泌量が不足して抜け毛が増えたり髪が成長しなくなり薄毛が引き起こされるのです。

 

イソフラボンで薄毛が改善できるの?

 

イソフラボンはポリフェノールに分類される成分で、特に大豆に多く含まれています。このイソフラボンが女性薄毛の改善に良いと言われるのは、エストロゲン様似作用を持っているからです。

 

何らかの要因でエストロゲンの分泌量が減少すると、髪の成長が妨げられます。イソフラボンはエストロゲンと似た構造なので、エストロゲン受容体と結合することができます

 

この働きによって、減少したエストロゲンの代わりに髪の成長を促したり、抜け毛を防いで維持してくれるのです。

 

また、最近ではカプサイシンと一緒に摂取すると、成長因子であるIGF-1が増えることもわかっています。IGF-1は発毛に働きかける成長因子なので、イソフラボンは薄毛の改善に役立つと考えられいます。

 

イソフラボンは髪の成長だけではなく、美肌効果やダイエット効果も期待できます。豆腐や納豆など身近な食品に含まれているので、毎日の食事に取り入れて、美容や健康に役立てていきましょう。

 

びまん性脱毛症病院