批糠(ひこう)性脱毛症の特徴と対策

女性の脱毛症の中には批糠(ひこう)性脱毛症という脱毛症もあるのですが、どのような症状で、どのような対策を取っていけばいいのでしょうか。

 

批糠性脱毛症の原因

 

頭皮が痒い

批糠性脱毛症がなぜ起こるのかと言うと、シャンプーが合わない、ヘアケアが間違っていると言うことがまず挙げられます。それからビタミン不足や生活習慣の悪化でも批糠(ひこう)性脱毛症を引き起こすことがあります。

 

批糠性脱毛症の状態と言うのはフケが乾燥し、毛穴をふさいで雑菌などが繁殖、その結果毛根が炎症を起こし、脱毛してしまうと言う状態です。ただ批糠性脱毛症というのは滅多に現れる症状ではありませんので、注意点さえ守れば防ぐこともできます。

 

フケがたくさん出る、頭皮がかゆいなどと言う場合は医療機関を受診したほうがいいですが、発症していない場合は正しい対策を取っていきましょう。

 

批糠性脱毛症の対策方法

 

批糠性脱毛症にならないためには、頭皮の環境を清潔に保つことが大切です。そのためにはシャンプーを見直し、洗浄力の強すぎるものやシリコン入りシャンプーを避けるようにしましょう。

 

できれば保湿成分が配合されたシャンプーが望ましいのですが、見当たらないと言う場合はローションやオイルを使って頭皮を保湿してあげるといいでしょう。

 

生活習慣から批糠性脱毛症を予防する

 

生活習慣を見直すことで批糠性脱毛症が予防できることもあります。食事の栄養バランスを見直し、ビタミンB群やビタミンA、ビタミンD、アミノ酸やミネラルを多く含む食材を取ってみましょう。

 

また髪の毛が成長するのは睡眠中ですから、早寝早起きを心がけ、ゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時は深い睡眠を取れるようにすると最適です。

 

ほかには軽い運動やストレッチの導入、タバコやお酒の過剰摂取を控える、ドライヤーで髪の毛をしっかり乾かさないことが批糠性脱毛症の予防につながります。しっかりした生活習慣によって頭皮や髪の毛には大きな影響を与えるのでしっかり覚えておきましょう。

びまん性脱毛症病院