アミノ酸シャンプーが頭皮に良い理由とは?

一般に洗髪で使用されるシャンプーは石油由来の高級アルコール系界面活性剤が主成分です。洗浄力が強いのが特徴ですが、皮脂を落としすぎて頭皮の潤いまで損ねる恐れがあります。それに対してアミノ酸シャンプーは頭皮や頭髪に良いと好評です。どうしてアミノ酸シャンプーは頭皮に良いのか、その理由を探ってみましょう。

 

なぜアミノ酸シャンプーは頭皮に良いのか

 

女性のシャンプー風景

人体のタンパク質は複数のアミノ酸で構成されています。アミノ酸シャンプーは界面活性剤にアミノ酸系のグリシン、メチルアラニン、グルタミン酸、メチルタウリン、サルコシン等を使用しているシャンプーなので、人体との親和性が良く低刺激で、髪や肌への刺激が少ないのです。

 

洗髪は髪や頭皮のほこりや皮脂を落としたり、頭皮のマッサージが目的ですが、ほこりはお湯だけで比較的簡単に落とすことができます。

 

あとは皮脂の洗浄ですが、皮脂には頭皮を保護する働きもあり、落としすぎると頭皮が乾燥して刺激に対して弱くなります

 

高級アルコール系シャンプーは皮脂を洗浄しすぎて頭皮にはよくないのですが、アミノ酸シャンプーは洗浄力が強くないので、シャンプー後も皮脂をほどよく残してくれます。

 

それが頭皮には良いのです。またアミノ酸系シャンプーを使用すると、人体を構成するアミノ酸が髪にも浸透して修復してくれたり乾燥を防ぐなど、頭皮同様、髪にも良いのです。

 

頭皮に良いアミノ酸シャンプーの使い方・選び方

 

アミノ酸シャンプーは汚れを落とす力が弱いので、高級アルコール系シャンプーと同じ使い方だと、整髪料や皮脂が残ってしまう事がありますそれを防ぐため、まずお湯だけで十分洗浄した後、2回洗髪するなど、念入りに行ってください。高級アルコール系と比べるてかなり高価なアミノ酸シャンプーですが、皮脂や髪、環境にも優しいので、安心して十分な量で洗髪して下さい。

 

本来、洗浄成分にアミノ酸を使用しているのがアミノ酸シャンプーですが、高級アルコール系の洗浄成分にアミノ酸を添加しただけのアミノ酸シャンプーもあります。シャンプーの成分表示は上から割合が多い順に記されているので、アミノ酸系かよく確認してからご購入されることをオススメします。

びまん性脱毛症病院