びまん性脱毛症の年代別の主な原因

びまん性脱毛症の頭皮

びまん性脱毛症は、体全体の毛の量が薄くなってしまう現象の一つです。主に頭髪が薄くなった場合に使われ、女性の髪の脱毛症全般を指して使われる総称的な言葉です。何故このような現象が起きるのかと言いますと、難しく言えば「脳下垂体から分泌されている卵胞刺激ホルモンや黄体刺激ホルモンなどの性腺刺激ホルモンの量が低下していることで起こる現象」です。簡単に言えば「ホルモンバランスが乱れる事」で起こります。びまん性脱毛症を引き起こす原因は、年代によって多少異なります。

びまん性脱毛症病院

20代に多い原因とは?

大量の抜け毛の束

最近では20代や30代の若い女性にも増えています。女性の社会進出による仕事のストレスや不規則な生活習慣も大きく影響を与えています。特に若い女性はカラーリングやパーマで頭皮にダメージを与えがちです。あと多いのが無理なダイエットによる栄養不足や栄養の偏り…。髪は生命の維持に関係が薄いので栄養の伝達経路を真っ先に遮断されます。まだ若いから大丈夫だと油断していると薄毛の原因につながります。今すぐにではなくても、30代や40代と後の世代になった時に悪影響が現れる可能性があります。

30代に多い原因とは?

授乳

20代や30代、最近では40代の出産も珍しく無くなりました。出産後に一時的に起こる「分娩後脱毛症」などは女性特有の脱毛症です。これは一時的なものであり1年もすれば元に戻るのですが、稀に育児ストレスが影響して分娩後脱毛症と併行してびまん性脱毛症を起こしている場合もあります。また、30代女性の中には社会で活躍する人も多いです。出産を終えて直ぐに社会復帰をする女性も多いです。過剰なストレスに晒されて生活を送る事でびまん性脱毛症を引き起こしやすい年代とも言えます。産後の一時的な抜け毛だと軽く見るのではなく、長期間に及ぶのであれば医療機関での受診を検討してみる必要があるでしょう

40代に多い原因とは?

薄くなった髪

最近よく目にするFAGA(女性男性型脱毛症)も、びまん性脱毛症の一種だと考えられています。FAGAは40代以降の更年期の女性に多く発症します。女性ホルモンの分泌が減少し、相対的に男性ホルモンが優位になった事で起こる男性型脱毛症と同様のメカニズムによる女性の脱毛症を言います。男性の場合と同じように生え際や頭頂部が薄くなるのが特徴です。40代以降の女性で髪が薄くなってきている場合の多くがFAGA若しくはFAGAとびまん性脱毛症の併発だと考えられます。

早めの治療を心がけよう

女性薄毛クリニックの女医

最近は女性が薄毛の症状を発症しても治療で改善されるケースが増えています。遺伝によるところが大きい男性の脱毛症とは違い、女性の場合は治療による効果も高く期待できると言われています。悩み続けるよりは医療機関で一度相談されることをオススメします。以前とは違い女性の薄毛治療に関しても症例が増えたことで治療法も確立されてきています。安心して任せられます。

 

本来禿げないものと信じられていた女性が薄毛で医療機関に足を運ぶのは恥ずかしいかもしれませんが、治療することによって改善されるケースも多々ありますので、病院に足を運んだほうがいいでしょう。どうしても気が重いと感じる人の為に、大手のクリニックでは無料のカウンセリングも準備されています。話をしにいくだけだと気軽な気持ちで足を運ぶ事も可能です。

びまん性脱毛症で貴重な時間を浪費した

びまん性脱毛症で悩む女性

びまん性脱毛症の治療が必要だと感じている女性の多くは、既に自分で育毛剤などを試した経験があるのではないでしょうか?中には漢方などを試した経験がある女性もおられるでしょう。一通り試してみたけど、髪のコシやボリュームが戻らず焦っておられることでしょう。もはや自然治癒を神頼みするしかない…、ストレスばかりが溜まりますね。

 

私自身も30代前半で極端に髪が薄くなり、2年近く薄毛の状態を改善できないまま過ごしました。過度のダイエットと仕事のストレスが原因でした。電車に乗るときも、デスクに座っているときも、常に髪の事が気になって人の目ばかりを気にしていました。どんなにお洒落な服を身にまとっても、姿鏡で見る自分の髪型に幻滅し人に会う気力すら無くしていました。徐々にお洒落に関心を示さなくなり、異性に対しても無意識に無関心な振る舞いをして遠ざけていたように思います。

 

しかし、重い腰を上げて治療に取り組んでからは回復が早かったです。薄毛を専門とする病院であれば、周りの患者さんの目を気にする事なくプライバシーが保護された状態で治療を受ける事が可能です。びまん性脱毛症で悩み、かつ治療が必要かもしれないと感じているのであれば早い方が良いです。早いほど回復のスピードも速くなるからです。悩んでいる時間は二度と戻りません。私のように結婚適齢期をコンプレックスで浪費させてしまうと後悔ばかりが残ります。

 

びまん性脱毛症病院

育毛メソセラピーの特徴と効果

女医と患者

当サイトでもチラホラ出てきた育毛メソセラピーとは何かご存知でしょうか?これは医療機関で受ける頭皮に直接薬剤を注入する育毛発毛治療になります。CM等でもよく目にする育毛サロンは医学的根拠が無いのが特徴です。一方で医療機関である薄毛専門クリニックでは、医学的根拠に基づいた治療が行われています。その一つ、育毛メソセラピーもそうです。医師免許を持つ医師のみに許された医療行為となります。
育毛メソセラピーの特徴

メソセラピー注射

医療機関で行なう育毛・発毛ケアでは、治療薬を複数使う事により即効性が高く根本的に問題を改善できる治療が行われています。男性のAGA治療では男性型脱毛症に効能がある治療薬(プロペシア)を服用する事により、非常に高い確率で薄毛の状態を改善させる事ができます。その一方で発毛までは一定の時間を要します。一朝一夕には参りません。最低でも6か月程度の治療期間が必要だとされています。

 

メソセラピーはAGA治療においてその効能を加速させる特徴があるため、薬による治療と同時に行なう事で改善までのスピードを速めることが可能です。これは女性のびまん性脱毛症やFAGAにも通じるものです。治療薬こそ違えど、通常の服用、外用の治療薬にプラスしてFAGAメソセラピーを施すことで改善率が大幅に高くなり、改善した症例も日々増えています

 

メソセラピーで行なわれる施術についてですが、まず一つ目に髪が生えることを促進する各種成分が豊富に含まれている薬剤を注入する事で「発毛スイッチ」を入れます。また二つ目には今生えている髪がより成長させるために毛根にある毛母細胞にしっかりと「栄養供給」を行なう育毛を行い、二つの側面からより力強く髪にすることができるのです。

メソセラピーの効果

薄毛の治療では治療効果が表れて髪の状態が改善するまでの期間は比較的に長く、自身で変わってきたと気が付くまでに最低でも半年、さらに薄毛の改善までは数年間は要するといわれています。髪については大きく気に掛かる所で治療を受けるからには早く改善したいと願うのですが、メソセラピーを併用した場合には発毛に有用な成分を頭皮に直接浸透させることから非常に高い効果があります。人によっては3か月程度で効果を実感している症例も少なくありません。

スピードスタートが可能

一般的な治療では最低6ヶ月はかかる所を、メソセラピーを併用することで3ヶ月と短い期間で発毛を実感できるケースが増えています。治療に際してスピードスタートが期待できると共に、先々も含め通常よりも早い改善が期待できるので、この差は非常に大きくなるのです。勿論、個人の症状により施術の有無は医師が判断します。全ての人が使うべき治療法という訳ではありません。